智恵の輪middle〜開催報告

智恵の輪middle〜開催報告

智恵の輪middleとは

文化・教育・食でつなぐ知恵の輪。

コンセプト(㏋より抜粋)

 

  • 智恵の輪のコンセプト「本気で遊んで、楽しく学ぶ」に共感して頂けること。
  • 自分の得意分野や好きなことにおける「ちょっと飛び抜けた智恵」を持ち、そしてそれを皆さまと分かち合うことに、楽しみと喜びを感じていること

そんな方々と一緒にわくわくすることを始めたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

言語聴覚士のくるみさんの心と身体にいい食事を頂きながら、講義が受けれるスタイル。さまざまな分野の方が集まり、幸せの選択の知恵を共有する学びの場です。

 

くるみ亭 くるみさん

12305872_492676050893290_745553226_n

くるみ亭のお料理はすべてくるみさんが作ります。くるみさんはとにかく自然体。コロコロ笑い、誰とでもすぐ打ち解けてしまう人のなので、くるみさんの周りにはいつも人が集まっています。そんな彼女に注目していると、細い身体から、太い軸が見えてきました。

◇「食と教育」に対する熱い思い

食育に関するわたしの好きな記事はこちら

キャベツの芯も捨てることなく、こだわりの調理器具でお料理するくるみさんの姿は、「いいものを口にしてほしい」という熱い思いが伝わってきました。

 

◇言語聴覚士というお仕事

言語聴覚士についての記事はこちら

「私がまちがえたら、現場で大変なことになる」からと、簡単な言葉ひとつも辞書で引き直し、命がけで作成していることや、小さな施設の若いスタッフを、本来ならあり得ない学会発表まで繋げたお話など、「後輩を育てる」という強い使命感がビリビリ伝わってきました。

 

◇女性の貧困問題

その問題に対するくるみさんの記事はこちら

その活動の一環として、部屋には募金箱も設定されていました。

IMG_6271

彼女がメンターと話す、婦人解放運動家・政治家の加藤シヅエさん

ふたつの文化のはざまから―大正デモクラシーを生きた女

くるみさんが先頭に立って活動する姿が想像できました。

 

お料理

1日目
IMG_6251 IMG_6252 IMG_6253 IMG_6254 IMG_6262 IMG_6255

2日目

IMG_6277 IMG_6281 IMG_6279 IMG_6280 IMG_6296 IMG_6300

 

 

大本昌弘さん

11909792_465218703639025_1405999304_n-261x300

フォトリーディングインストラクター・NLPトレーナーである、大本昌弘さん

まずは、握手が強い!!背が高い(笑)そして、とにかく話す!(笑) 想像では少し怖い方かと思っていたんですが(すみません)、お会いするととても気さくで、知識が豊富で、面白くて。お話は、人工知能から明治維新など。みなさまメモを取ったり質問したり、講義を聴くだけでの一方通行ではなく、会話が多いのが印象的でした。

知恵の輪さんでの大本昌弘さん記事はこちら

 

そんな大本さんに

この方は、やりたくないことやめて、やりたいことだけをした

自分で選択をしてそれを実行した、ただそれだけで

「根拠のない不安がなくなった方です」

でしょ?っと、いきなりふられたのですが(笑) まさにその通りでした。仕事している時のほうが、将来やお金の不安ばかり、今フリーランスな人生になり、収入は激減したにもかかわらず、全然怖くないのです。

こういうことを学べる場を提供されている方なのですね。説得力があり、力強くもユーモアあふれるお話に、みなさま、うんうん唸っておられました。

 

まとめ

IMG_6257

2回に分けて開催されたイベントでしたが、どちらも、参加のみなさまの知と経験の豊富さ、頭の回転の速さ、知りたい教えたいという学びに対する情熱、何か役に立ちたいという奉仕の精神など、学びと気づきがとても多かったです。

くるみさんの開催報告はこちら

そして、なんといっても、くるみさんという女性が素晴らしい!

お接待の精神が旺盛で、人を喜ばせることを心から楽しんでらっしゃる。

くるみさんは、上記のような情熱的なお話をしつつも、料理や家事、記事更新など、「ながら作業」をいくつもこなすのです!!

こうなるまでに時間がかかったとおっしゃってましたが、物凄い努力をされて、また、現在も進行中なのだと感じました。

会うだけで、人を幸せな気分にさせてしまう方、なかなかいないですよね。

そんな、魅力たっぷりのくるみさんの手料理が頂けるイベントも、すぐに席がうまってしまう人気ぶりのようですが、こまめに情報をチェックされ、興味のあるものに、参加されてみてはいかがでしょうか。

◇知恵の輪middle ホームページ



コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

アーカイブ