がんばらない成長論/心屋仁之助 (著)

がんばらない成長論/心屋仁之助  (著)

心屋 仁之助さんをはじめてテレビで見たのは、日テレの『解決!ナイナイアンサー』という番組。数名の相談員の中の一人で、芸能人の悩みを解決するコーナーです。その中で女芸人虻川さんが、小さいころから男性の扱いで育っていて、本人も知らない間に自分で思いこませていた「わたしはどうせ男の子みたいでいいだもん」ジコギマン。

そんな彼女に、ある言葉を言ってもらう場面。

「わたし、女の子だよ」
「もっと大事にして」

これを彼女が発音するやいなや、あぶちゃん号泣。泣き叫びながら繰り返す言葉。あのシーンが忘れられません。そんな魔法の言葉を持っていたのが、心屋 仁之助さんでした。この人すごい。心屋さんの虻ちゃんの話を聞く姿勢、話し方、笑顔に惹かれ、その後はしばし彼のブログを訪れては、わたしもいろいろな元気をもらいました。ブログ

そんな中数ある本の中の、一冊です。

春って、ちょっと心に負担がかかる季節。わたしみたいに、まじめな人に(笑) オススメです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

アーカイブ