紅テント唐組『吸血姫(きゅうけつき)』花園神社アングラ劇場

紅テント唐組『吸血姫(きゅうけつき)』花園神社アングラ劇場

新宿の花園神社に建てられる紅テント。唐組『吸血姫(きゅうけつき)』にふたたび。一回目はこちら



時間ギリギリに受付すると、立見席が買えた。わたしの後ろ10人目くらいの人からは、入場規制で入れずだったので、ラッキーだった。気温は上がり、湿度も高い、テント内は満員の人の熱気もまざって、暑い。電球には虫。ぬくもりはあるがどこか不自由な田舎の古民家にいるようだ。客層は、若い。役者志望の方(勝手なイメージ)のような、雰囲気のある人もいて、、前回とはまた違う雰囲気。立ち見場所は、出入り口の扉の近くで、役者さんがスタンバイする場所の真横。舞台にあがっていく、後姿の演技などみることができ、違う角度からも楽しめた。

声は一番後ろでもはっきり聞こえ、かえってちょうどいいくらいで、迫力も満点。仕事の関係で残念ながら前半だけで退座したが、また見たいと思った。

”本気になる”。すごく、大切なことを教えてもらった気がした。


コメント0
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

アーカイブ