BMWR310GSレディースライダー目線のインプレッション!シートを削れば怖くない

BMWR310GSレディースライダー目線のインプレッション!シートを削れば怖くない

絶好のツーリング日和! BMWR310GSで、おなかいっぱい走ってきました。ルートは、小鹿野~R299~上野~R124~R2~R141~野辺山。お山の上は、気温10度。日曜日なのに、ガラガラ道。紅葉横目に、クネクネ道をぜいたくにひとり占めしてきました。



早速R310GSに乗った感想ですが、一言でいうと、”原チャリみたいに気軽に乗り出せて、かつ、遠くまで走っても疲れない。軽くて怖くなくて楽しいバイク”です。あれ、全然一言じゃない(笑)

はじめは、車高の高さにドキドキしましたが、小一時間も走ったら、気にならなくなりました。その高いと思っていたシート高は、835mm。F800Rのハイシートを使っていたのですが、そちらが825mmだったので、その差わずか1cm。

でも、実はこちらのシート、カスタムされていました。オートバイの座席調整を専門に取り扱う「河名シート製作所」さんにて、サイドを限界まで削っているそう。シートに関して詳しくは、モトサガさんのFBへ。体感は2、3センチは違うとか。車高はそのまま足つきの良さをキープしつつ、シートの角が内ももに当たって痛いというのも解消。そっかー、だから乗りやすかったのかー。

女性に日本一優しいディーラー(を目指す)モトラッド相模原さん(以下モトサガさん)では、女性には特に快適に乗れるようシート加工をおススメされているそう。足つきがいいか悪いかで、バイク乗る頻度が明らかに変わるので、これは重要ですね。ディーラーの女性スタッフさんて、”事務員なんでバイクには乗りません”という方が多い中、モトサガさんのサトヨコさんは、んなことなし。自分で乗って、不自由があれば改善しているので、かゆいところに手が届くって感じ。こんなこと聞いたら恥ずかしい~ということも、サトヨコさんになら、安心して相談できるし、とにかく一人でも気軽に入れるのがわたしにとって一番です。

話がそれてしまいましがバイクに戻して。重さは、169.5kg。F800Rが203kgだったので約30kgも軽い! これが原チャリなみに気を使わないですむ一番の理由ですね。”バイクは軽さが正義”なんて言葉を聞きましたが、納得です。

はじめは、数回エンストしました。まー、ヘタクソなのは仕方ないとしても、”アクセルはふかしめで”と教えてもらい、単気筒というバイクもはじめてだったので、そのせいもあるのかも(という言い訳をしながら)、ブンブン回すようになったら、エンストしなくなりました。以前、KTM・DUKE390をちょこっと試乗させてもらいましたが、その時のことを思い出しました。慣れてくると楽しい!

ちなみに、プスッとエンストしたところで、よっぽどでなければ、立ちごけもしないだろうなーというほど、軽さを実感しました。

走った感じは、マニュアル操作に対する満足感。F800RR1200GSは、ギアが適当でもバイクが勝手に曲がってくれるので、あんまり気にしなかったのですが、R310GSでは、それだとエンストしちゃいそう、自分で最適なギアを選んで入れていきました。コーナーへ侵入、立ち上がりでギアを上げ、ブレーキ→ギアダウン→コーナリング..と、いちいち操作をしました。20代で2台目に乗った車が、マニュアルのマーチ(NISMO、車高調、重ステ)だったのですが、それを思い出す感じ。あれ、わかりずらい例えかもしれませんが、何が言いたいかって、”わたしが運転してるぜー”というガチャガチャがひたすら楽しくて、ギア操作の達成感に満たされました。美しいフォルム。止まっている限り、大型バイクと見間違えるほどの存在感は、本当にカッコいい。いや、乗っていてもタンクの大きさ、目線など、F8(もうずいぶん前だから忘れかけている感覚)とそんなに変わらない気がする。すれ違う車とのミラーの高さも、同じくらいじゃないかな。自分の車庫に入っているところを想像したら、ウッシッシですよね。大型バイクが欲しいと思っている人でも、所有欲を十分満たしてくれんじゃないかな~と感じました。

まとめ

”カッコいい”。

BMWっていうだけで、ブランドのかっこよさがあるんだけど、GSはそれだけじゃなくて、もう別の憧れなんですよ。INTERNATIONAL GS TROPHYとかっていう、崖を登ったり、砂地を走ったり、目隠し走行したり、暗闇でタイヤ交換したり、ってもう、全然わけがわからない世界があるんですけど、そっちの世界に行くのが夢でして。それをイメージさせてくれるR310GSは、丸一日走り倒しても、疲れず飽きない。”もっともっと走ろうよっ~”て、言われている気がしました(勝手に)。

これだけ楽しめて、中免で乗れるオートバイが682600円(201810.26現在)。+乗り出し価格だそうで、国産と変わらないじゃんって話ですよね~。すごいな~。

カスタムしたとしても、高めのシート、やはり足つきが心配という方には、シート高785mmのG310Rも人気。興味を持たれた方は、ぜひ一度、試乗をされてみてはいかがでしょうか?→ 全国BMW 試乗車検索 BMW Motorradのサイトへ)

何度も繰り返しになりますが、R310GSは、とにかく軽くて、気軽に乗り出せて、疲れ知らずの楽しいバイクでした。初めてのバイクが、BMWも夢じゃないんだな~。さー、今度は、R310GSで、オルロードを走りたくなってきたぞー(ボソッ)。

前回は、R1200GSを試乗させていただきました。
以前は、F800Rに乗っていました。

■Special Thanks
コーヒーがおいしい
Motorrad 相模原さんはこちら↓↓
神奈川県相模原市中央区相模原6-25-5
Tel :042-704-6430



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

アーカイブ