整理収納の極意。もう一人でも片づけられる~10%オフの汚部屋脱出キャンペーン!


こんにちは! 整理収納アドバイザー2級のマーシャです。いつも大変お世話になっております。さて、今回は、久しぶりにおそうじのキャンペーンです。

年末におかたづけができなかった方あなた、気になっていませんか? まだまだ、間に合います。一年の区切り、豆まきまでに脱出しましょう。

ゴミの分別、モノの住所、宝物探し。理想の空間を手にしましょう。初見さんは、一度ご相談くださいませ。

「いる・いらない」は必要ない。だれでも簡単にできる片づけ方

断捨離をしている方も多いと思いますが、一つ一つ「いる・いらない」を判断するのって、大変ではないですか?

この「いる・いらない」は、脳を使って考えなければいけないので、勉強しているときのように、結構疲れる作業なんですよね。なので、集中力がなくなって、考えるのを放棄し、結局また元に戻したり、とっておいたりして、物が増え続けてしまうんですのね。

では、どうしたらいいのかというと、とっても簡単な方法なので、良かったらぜひ、試してください。

物を捨てられない理由

物を捨てられないには、たくさんの理由がありますが、大きな5つをご紹介します。

・高額商品
・思い出の品
・使えるから・着れるから
・捨て方がわからない
・もらい物・しがらみ

思い当たるところはありますか? 無理して捨てる必要はありません。特に一番最後まで捨てられないのは、”思い出の品”だそうです。では、どうやって片づけたらいいのか、下へ続きます。

「いる・いらない」ではなく「使ったか・使っていないか」で分類していく

断捨離をするとき、実は「いる・いらない」という感情でわけるのではなく、「使ったか・使っていないか」という事実で整理していくとスムーズです。使っているものはあとで分類しますが、使っていないものについては、いきなり捨てると気が引けるので、”使っていないBOX”を作って、半年、1年、それ以上など、量によってわけて箱を作ってください。

このとき、シーズンモノは別にしてくださいね(使っているもののほうへ)。タンブラー、タオル、洋服、いただきもの、消耗品、高額品など、BOXへ分けていきます。すぐに捨てるわけではないので、遠慮なく箱に分類してください。

さて、どのくらいスペースができましたか? たぶん、いい空気が回り始めたと思います。

そして、一年後、”一年以上使っていない段ボール”は、中を開けないで捨てても大丈夫なくらいになっていると思います。そして、開いたスペースの気持ちよさ、モノがない美しい状態が日常になっていただけるとうれしいです。

使っているもの、整理整頓ではなく整理収納

こちらのポイントは、同じカテゴリーで分けることです。たとえば、備品の在庫。サランラップとトイレットペーパーが一緒になっている方が多いのですが、使うところで分けてください。サランラップはキッチンへ。トイレットペーパーはトイレまたは洗面周辺へ。そうすることにより、在庫が一目瞭然で、いらない買い物をすることなく、無駄使いも減ります。

そして、モノに住所をつけましょう。いつもの場所をすべてのモノにつけてください。帰る場所があるから、家中みんながおだやかに過ごせます。

断捨離するとお金がたまる理由

だんだん慣れてくると、そもそも、在庫をもたない、買わなくなります。買い物をする前によく考え、必要最低限のモノで暮らせるようになるので、お金の出方も変わってくると思います。

ミニマリストという言葉が流行っていますが、あまりものを減らすことにこだわらなくて大丈夫です。減らすというより最適化するオプティマイザーを意識したほうがいいと思います。

本当に必要なものだけに囲まれた生活は、とても快適だということを実感しましょう。そして、つねに快適な状態がキープできるようになると、やるべきことが一目瞭然で生産性があがり、収入もアップしやすくなります。

トイレを掃除するといいとか、片づけをするといいという本はたくさん出ていますが、一番オススメなのは、勝間和代さんの著書「2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム」です。ADHDを公開されている勝間さんですが、それでも、ここまでキレイにできるということに、たくさんの方が励まされるのではと感じます。もちろん、今でもリバウンドなしです。

まとめ

ポイントは、いきなり大きな場所をやらないことです。物置とか押し入れとかやると、挫折します。洗面台の下とか、机の引き出しとか、せまい収納やテレビ台の中など、1時間もかからないところからスタートするといいでしょう。

2019年、あなたにとって、気持ちのいい1年が過ごせますよう、お祈りしております。

詳しい仕事内容については、こちらから。
お問合せ、お申し込みはこちらから。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください