断捨離より最適化。ミニマリストよりオプティマイザーのススメ


デター! 雪予報はずれ~、やっぱり。やっぱりというのは、昨日の深夜、バイクで渋谷から国道246号線を下って自宅に戻る途中、豪雪ニュースの割には暖かすぎて、これでは降らないだろうな~と感じたもので。(とはいえ、横浜市青葉区に住んでいるわたしの周辺であって、場所によっては豪雪による影響があるそう。どうぞ、被害がでませんように。またお出かけの際は、くれぐれもお気を付けください。)

朝から横浜でお片付けの予定。天気予報とにらめっこして、行くと言って行けないのではご迷惑かと、一旦断りました。

んがしかし結果は…。

■ご参考までに、2019年の雨雲レーダーアプリランキング TOP10
iPhone用:https://app-liv.jp/news/forecasts/3055/
アンドロイド用:https://android.app-liv.jp/news/forecasts/3055/

わたしは、ヤフーの雨雲レーダーを使っていますが、現時点から数時間の動きに合わせて使うにはいいのですが、3時間、6時間後ともなると、雲の動きも変わるのか、当たらないことが多いです。それより、目視で雲を見たり、湿度や気温を感じて、判断したほうが、当たる気がします(気がするだけだけど)。

たとえば地図に関しても。旅慣れているライダーの話を聞くと、アプリだけに頼っている人はほぼいません。アプリは現在地を確認する程度で、ツーリングマップルR 関東甲信越でルートを決め、自作ルートを作ってタンクバックに入れたりしています。日本一周した牧さんも手書きのルートがクリップで止まっていましたね。

頼るのは地図、スマホは念のためといういう使い方は、テクノロジーが進化した今でも、バッテリーが切れたり故障する可能性がある機械より、人間の脳が身を助けることを本能でわかっているからかもしれません。

これと同じように天気も、天気予報でざっくりと予測はしておくけれど、雲を見て空気を感じて、進む方向を決めるのが理想かなと思っています。

ということで、ちょと前置きが長くなってしまいましたが、本日行けなかったKさまのために、整理収納の入り口をご紹介したいと思います。

なぜ、整理整頓は必要なのか?

やましたひでこさんが断捨離という言葉を広め、こんまりさんがでキラキラ術で大ブレイクしました。


必ずできる断捨離BASIC


人生がときめく片づけの魔法 改訂版

ヒト、モノ、コトを捨てることによる最大のメリットは、優先順位が見える化することです。

普段わたしたちは、誘惑だらけの日常を過ごしています。本を一冊読みたいのに、その本が見つからない。探している間に懐かしいマンガが出てきてそちらを読んでしまうとか。

お料理をしたいのに、必要なものが見つからなくて、買い物へ。帰ってきたら、欲しい物が見つかって、結局お金も時間も無駄にしているなど。このように、ほんの些細なことに、時間を消耗してしまっているんですよね(耳が痛い)。

毎日時間を節約(または無駄に)すると1年でどれくらいになるのか

たとえば、1日10分探し物をしたら、年間で60時間50分の無駄! 恐ろしい~。これだけあれば、何ができますかかね? 整理整頓は、毎日の小さなストレスをなくし、必要なことを浮かび上がらせてくれるんですね。

 

なぜ、お金持ちの家はキレイなのか?

誰からも愛される人っていますよね。その人たちに共通していることは、自分が自分を一番大切にし愛していることです。

お金も同様。使っていないモノにあふれている家に、お金はやってくるでしょうか?

お金持ちのバイブル本。改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

E=employee(従業員)
S=self employee(自営業者)
B=business owner(ビジネスオーナー)
I=investor(投資家)

ここで、BやIに行くためにはどうするか? わたしのまわりのお金持ちの方は、何を始めるかより、何をやめるかがとても得意です。思考力、決断力、実行力にすぐれていますが、一番すごいなと思うのは、「やめどき」。捨てる、やめる、撤収する。このあたりの勘がするどいし、やめるから次ができるんだと感じます。

整理整頓も、そうですよね。わたしも、モノが少ないほうだと思いますが、何か入ってくるとすぐに古い物を捨るのが習慣化しています。家に来た人はびっくりしますが、バイク一台で1カ月も旅して生活できるんだから、家にあるものって全部ゴミだなって思えるんですよね。自分にとって、「これが絶対大切なんだ~」というものがわかると、逆にそれ以外の者は、全部いらないんですよね

 

世界中の論文を読み漁り、科学的根拠を元に要約してくれるメンタリストDaigoの動画が、とても分かりやすくておススメです。(無料動画もたくさんあります)

 

実践!1時間でできる超簡単なかたづけ術

「片づけは必要だな~」と重い腰を上げたあなた。次は片づけ方です。ものすごーく簡単なので、ぜひ試してください。

いる・いらないで分けないで、使ったか・使っていないかで分類する。

「これ使うかな、使わないかな」。この分類作業がもっともめんどうくさい。考えたくないから結局取っておいて物が増えてしまいます。あなたの収納は、このいらないもので、占領されていませんか?

そこで3つの段ボールを作ります。

  1. 3カ月以内
  2. 半年
  3. 1年~

片づけたいところの荷物を、全部外へ出します。そして、先程の使ったか・使っていないかで、ポイポイ分類していってください。その時、捨てたくないとか考えなくて大丈夫です。まずは、事実で振り分けてください。水着やクリスマスツリーなど、使用するとわかっているシーズン物は別にしておきます。

そのままフタをします。1年以上など一番使っていない段ボールを玄関近くの廊下においてください。ここでポイントは、その段ボールを収納しないことです。出しておいて、毎日ジャマだな~と感じて欲しいのです。すると、どうしても欲しい物だけ救出すると思うので、(そこれそ必要なもの!)、あとは時間が経てば、自然に段ボールごとポイっと行ける日がやってきます。(自治会によりゴミの分別はしてください)。

すぐに捨てることは難しいのですが、別れるための時間をつくってあげてください。心の整理がつけば、自然にサヨナラできると思います。

 

物が捨てられない3つの理由

1.新品・もらい物・まだ使える物
2.高価な物
3.思い出の物

心理的には、1番から捨てていけるようです。一番捨てられないのは、3の思い出の品。ストーリーがあるものは、一番手放すのが難しいそうです。無理して捨てないで、自分でもういらないな~という時期が来たら、自然と離れるので、その時さよならしてください。

これを一度やる事により、部屋が片付くだけでなく、リバウンドしなくなります。一度”モノ”と真剣に向き合っていますから、今度は余計な買い物をしなくなります。ぜひ試してみてください。やるときは、クローゼットとかではなく、洗面所の下、キッチンの収納など、ハードルの低いところからやると、達成感と成功体験を味わえ、続くと思います。

 

もったいない心が働いたら寄付や貢献へ

だからと言って、捨てられないというあなたへ。あなたの不用品を、誰かのために生かしませんか?

■NPO法人 もったいないJAPAN:http://mottainai-japan.com/

■シャンティ国際ボランティア会 × バリューブックス(チャリボン):https://books.sva.or.jp/

■一般社団法人障がい者アート協会:https://www.borderlessart.or.jp/

ヤフオク、メルカリなどをやるのもいいですが、費用対効果を考えるとわたしは、マイナスな結果でした。貴金属は、質屋へ。本は、リサイクルへ。これが一番生産性が良くお金になりました。もともと、高価なものがないわたしは、こんなもんです(笑)

 

まず最適化。そのあと収納用品

物があふれ出すと、先に収納を買ってしまう人がいますが、これは間違え。まず、最適化します。その上で残ったものを、生活スタイルに合わせて収納していきましょう。収納は、カテゴリーにわけるのがポイントです。そのあとは、仕組化と続くのですが、そのあたりは、また別の機会に。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか? モノがない暮らしは、本当にシンプルに過ごせます。世界の成功者たちが毎日同じ洋服を着たり、フランス人は10着しか服を持たない の本も話題でしたが、とにかくわたしたちは、有限の時間をいかに上手に効率よく使うかによって、幸福度がアップするし、さらにお金まで稼げるようになるよ~というのが、整理収納の肝です。本当に大切なものに囲まれる生活、ぜひ手にしてください。

もし一人ではむずかし~よ~というあなた、わたしでよければ、お手伝いに伺います。お気軽にご連絡くださいませ。→お問い合わせはこちらから。

◆整理収納アドバイザー2級 (ハウスキーピング協会)
◆終活ガイド(終活協議会)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください