GSの足つきが心配な方必見! GS道場更新


カンナム・ライカー」が気になるマーシャです、こんばんは。連載中のGS同様、納車されたvol4を更新していただきました!

【マーシャのGS道場 vol.4 】 R1200GS納車! ビッグオフ初心者仕様大公開

GSは足つきが心配だという方へ

BMW公認インストラクターのビンセントとステファニー。ビンセントが174cm、ステファニーはたぶん160cmくらいだと思いますが(わたしの目測)楽々乗りこなしています。

かまたさんのレポがわかりやすいのでぜひどうぞ。

GSは、ローシートやシート加工、サスペンション調整など、足つきが心配な人用のカスタムはかなりできるようなので、乗りたい方はまずディーラーさんへとお伝えしたいです。

自己購入したものの写真たち

あれ、FOMAのブーツの写真がチラ見になっている(笑) また探しておきます。さて、買ってすごくよかったのは匠 バイクカバー。ツーリングから帰宅してすぐにカバーOK。マフラーで溶けることはありません。厚みもありムレも少ない。横のベルトで強風にも耐えられる。フルパニアの状態でタイヤまでしっかりカバー。10年持つと言われているようで、楽しみです!

10年後にはガレージ付きの家に住んでいたいですけどね(笑)

GSがやってきてからめまぐるしく変わる環境にフリーズばかり

コミュニケーション能力が高いよね、と言われることがありますが、それはちょっと誤解でして、ポジティブではありますがコミュニケーション能力は結構低めです。相手の気持ちがよめないので。特に大人数は苦手でたくさんいると固まります。セミナーなどはだいたい一番後ろかはしっこ、みんなの様子をじっと見ている感じ(怖っ)。

一人多くて三人くらいが一番心地よく、それ以上はもうたぶん誰か一人とひたすら話しているのが安心。

今日も船橋の現場に来ていますが、基本的には毎日一人行動。気がつくと誰とも話さずに3日経過、なんてことはなくもない。そんなわたしがGSを手にしてからというもの、ありがたくも環境がどんどん変化しており、自分でついていけていません。

固まっていたら、キャパ越えしたなと思ってやってください。

International GS Trophy 2020 Qualifier Japan2019から戻って

ちょっと夢の世界でした。メディア取材というチャンスをいただけたこと、特等席で予選会を観戦できたこと、憧れの方とつながれたことなどなど、まだその余韻にひたっています。GSって本当にすごいですね。ますます白馬が楽しみになってきました。

先日の予選会の模様は、GS道場にて号外予定。しばらくおまちください(えっ、誰も待っていないって?)。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください