BLOG

【若者向け】学校や家族とうまくいかないあなたよ亡命せよ

いつか親を刺すか、親に刺されるか。
このまま何もしなければ、そんな終わりが待っている。

最近いろいろお話をしている中で、不登校やニートの話を結構耳にします。わたしも学校に行かなかった時期もあるのでそんな昔の自分みたいに、学校や家族、社会とうまくいかないあなたへ、ちょっとだけ伝えておこうと思います。

大人は仮面をかぶった子ども

あなたが思っている目の前の大人たちは、あなたと同じ子どもかもしれない。大人のフリして子どものまま成長している人は大勢います。

20歳で親になる人もいれば、わたしみたいに40歳をすぎても子どもがいないまま生活している人もいる。40歳過ぎて出産する人もいる。

30歳をすぎたら、みんなおじさんやおばさんに見えて、大人に見えるかもしれないけれども、そんなことないですと。あなたとかわらず中学生とか高校生の気分のまま成長し、いろんなことに悩みへこみながらも生きているんだと、まずはそれを知ってほしいです。

40歳でニートだとどうなるか

わたしは今44歳ですが、同年代や年上のニートの話も耳にします。70歳とか80歳の親のすねをかじって生活しているわけですが、10代の二-トとの違いは、暴力的になっていること。矛先のないイライラは、身内か弱者に向けられています。当然強い人には歯向かわない。子どもとか、女性とか、自分より体の弱い人とか動物とか。

今のままでいると良くないことはわかっているけど、どうしていいかわからないあなたへ。いち早く今の生活から抜け出してほしいと願っています。

自殺場所を探していたら

知り合いの話。何もかもが嫌になり、自殺を考えていたところに、東日本大震災が起きて。最後死ぬ前にいいことしてから死のうと思って被災地ボランティアに参加したら、死にたくない人がおおぜい死んでしまっていた。その光景を見てその人は、生きることを選択したそうです。

死ぬことはいつでもできるけど、あなたが生まれてきてことには意味があります。それを知るまでは死ななくていいんじゃないかなと。自分を傷つけるのはなるべく早くやめる方向で。

自分で稼ぐ力をつけよう

稼ぐ方法は4つ。

  • 従業員→雇われ
  • 自営業→一人親方
  • 経営者→人を雇う
  • 投資家→不労所得

働け働けと言われたって、労働する必要なんてない。労働の対価=お金とか、時給換算の時代はもう終わります。自分の得意で稼げること、今はこうしてネットがあるので0円からいくらでも稼げるし、ビジネスのチャンスはたくさん転がっています。

サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】

もちろん会社員もすばらしい。個人では限界があるけど会社だからこそ自分の夢がかなえることもできます。

たとえば、幻冬舎の箕輪さん。フリーランスの実力がありながらも幻冬舎を辞めないのは、幻冬舎というビッグネームでしかできないことがあるからだそうです。仕事の時間も自分の人生の大切な一コマ、大切に過ごしてほしいと思います。

10代や20代はいくらでも取り返しがつきますので、なんにでもチャレンジしてください。わたしがフリーランスになったのは、40才。失敗は早ければ早いほどいいと、今実感しています。

ニートの人へ、その場から亡命せよ

  • そこにいたらいつまでも親のせいにする
  • そこから飛び出したところで大したことは何もおきない
  • 誰もあなたを見張っていない
  • あなたは自分で道をつくれる
  • 一度出たら実家に二度と戻るな

親がドリームキラーや共依存の可能性はとても高い。あなたが社会とうまくいかないのは、あなただけのせいじゃないし、いろんな複雑なことがからまっていると思います。ただ環境を変えないと抜け出せないので、ぜひ実家を出る勇気を持ってください。

まずはその場から離れて。自分の力で衣食住を手に入れて、自分の好きな道を歩んでください。

生きていくのは日本じゃなくてもいいじゃないですか。あなたらしくいられる場所を見つけに、ぜひ旅に出てください。わたしはあなたをいつでも応援しています。