BLOG

アマゾンマウスインプレ

1,899円のマウスを新しく購入しました。

今まで使っていた583円のマウス (右)と新しく買った新しく買った1,899円のマウス(左)。使ってみた結果は、583円のマウス (右)の勝ちでしたーー!

分析していきたいと思います。

2018年3月16日にポチ。


Amazonベーシック マウス USB MSU0939

なるべくマウスを使わないようにと練習したのですが、写真の画像処理が増えたり、文章作成に画像を使ったり、コピペが多かったりと、何かと不便で、断念。マウスを使い続けることにしました。

さて、購入履歴を見てみると、 2018年3月16日 でした。もうすぐ1年ですね。まったく問題ないく使っています。ちなみに今までは、無線マウスを使用していましたが、最近はずっと優先です。途中使えなくなったり、電池交換がめんどうだったり、サクサク具合が優先には勝てないことより、結局有線に戻りました。結局、一番安いマウスをポチ。送料込みで583円、プライム会員ですので、翌日配送というのもありがたいですね。

そして、今回の買いたいしですが、家より外でPCを使うことが圧倒的に増えてきたのが理由です。

家では、画像処理がメイン。(HP)

【Radeon Vega8搭載】HP 15-db0000 Windows10 Home 64bit AMD Ryzen5 クアッドコアAPU 8GB SSD 256GB DVDライター 高速無線LANac Bluetooth webカメラ 日本語キーボード デュアルスピーカー SDカードスロット AMD Radeon Vega8グラフィックス搭載 15.6型フルHD液晶ノートパソコン (Office なし)

外出先では、リサーチや執筆がメイン。(Mouseコンピューター)

mouse ノートパソコン MB-BN24GC464SWZD Windows 10/Celeron/14インチ/eMMC64GB/4GBメモリ/WPS Office

マウスをはずして、マウスパッドとセットで持っていくのですが、これがめんどうだし、かといって、忘れるとけっこうつらい。ということで、いい加減買うことにしました。

今回もまた同じ583円のつもりでしたが、7色に光るこのマウスがやたらと気になってしまいまして。さらに、最近増加する画像処理作業、少しでも効率アップにつながったらいいなと、少し投資してみました。

【最新版】 ゲーミングマウス 光学式 usb有線 マウス X9 7色LEDライト 高精度ターゲティング 6段調節可能DPI 7ボタンカ 両利き使用対応 手首の痛みを予防 PUBG/荒野行動対応

また、例のごとく、アマゾンさんの箱に胸を躍らせ、開封していきます。

この包装が一番シンプルですね。

すぐにペロッと。

箱からして高級感があります。583円のマウスとは大違いです。

ほーほー、かっこいい。箱のすべすべした質感も気持ちがいいです。

ホイッと。あれっ、それは裏です。

こんな感じですかね~。

おー、高級感があり、ズッシリ重たい。

比べてみましょう。583円のマウス (右)と新しく買った新しく買った1,899円のマウス(左)。多きさもかなり違いますね。

そして、7色というのがこちら。

いらないでしょ~と思っていた機能ですが、これがあなどれなかったです。煮詰まって、天井を仰いでしまったとき、ピカピカ光るマウス。フェイドイン~フェイドアウトで滑らかな点灯を続けるをマウスを見ていたら、結構リラックスするもので、なかなか悪くないです。

13人に一人と言われる、左利きの方も使える左右共通仕様。

マウスの横には、ページアップページダウン。このボタン、とっても便利!

正面には、+-ボタン。

このマウス、機能性抜群でした! 相当いいのですが、なぜ、583円のマウス が勝ちなのかというと、重さとコスパ。かなり重く感じます。もう一個買うなら、583円のマウスを選びますね~。

とはいえ、家でしか使わないとか、機能性重視の方には、いいと思います。クイックな反応は申し分なく、手にフィットするグリップ感が良く、操作性もすばらしいです、耐久性も期待ですしね。

仕事でマウスを使っている方は、結構重要だと思うので、参考になるとうれしいです。使われた方は、感想も聞かせてくださいね~。