BLOG

収監~僕が変えたかった近未来。堀江貴文(朝日新聞出版)

この本は、おかたづけに伺ったクライアントさまにいただいたもの。ふだん仕事で「これどうぞ」と言われても、なかなかいただくことはないのですが、本はわたしにとっては宝物。

何冊かいただいた中から今回は、こちらの一冊をご紹介します。前に読んだと思っていたら、つもりになっていただけ見たい。もしくは、少しフォトリーディングをしたのかも。

わたしがホリエモンを好きな理由

ライブドア時代から追いかけていたホリエモンさん。(おっかけをしていたわけではなく、ウォッチしていたというだけですが)。

勢いがあって、怖いもの知らずに見えた同時。わたしたちが喉まで出かかっている言葉をズケズケを言い放ってくれたのが爽快で、どうしたらそんな風になれるのかとニュースに載れば記事を読み漁っていました。

今考えると、怖いもの知らずなのではなくホリエモンさんの中にあった明確なビジョンを高速で実行していただけだったのですね。そんなホリエモンさんに、時代も人もついていけず、なぜか、ホリエモンさんが収監されてしまいました。

本文より

 (中略)日本人の多くが「思考停止」状態に陥っているからである。周りとの軋轢を避けるために議論をせず他人に迎合する。そんな教育が小学生の頃から「協調性を重んじる」という形でなされているのだ。

わたしも今まではそうでした。思っていもいないけど「そうですよね~」なんて同調してしまうことがありました。そんな自分がイヤでイヤで。

今は、なるべくそういう人を周りに作らないようにすることで、ウソをつかずにすむ環境を作りをしています。

中国に完全に抜かれた日本

先日、中国でエアコンを取り付けに行った方から、Iotの技術開発が進み、家庭で使う電化製品レベルにデフォルト設定されていることを教えてくれました。

わたしはつい最近、ファーウェイGTシリーズのスマートウォッチを買ったのですが、これも衝撃を受けました。アップルウォッチやそのほかのウエアラブル製品を使っている人はご存知でしょうが、心拍数や睡眠状態が管理できることに加え、スマホとの連携でメールチェックやSNSのチェックが可能です。

ボケッとしていると、あっという間に化石になってしまいそう。

スマートウォッチファーウェイがすごい! HUAWEI WATCH GT (ファーウェイ)

「メイド イン チャイナ」を悪い品と思っていたのは今や昔。「メイド イン ジャパン」と逆転する時代は、もう来ているのかもしれません。

情報格差

ホリエモンがこの本を書いたのは2011年6月30日、8年も前のことですが、今起きていることが書かれています。

このままでは、資産家はさらに日本から離れ、日本はどんどん貧困になってしまう。貧富の格差は広がる一方で、生まれた家計で人生が決まるような日本になってしまうかもしれませんね。

そんな未来で楽しくわたしらしく生きるために、今日もがんばろうと思います。

未来の予測のしかたとか、ホリエモンさんに興味なある方におすすめです。難しい言葉を使わず、章が細かくわかれているので、サラサラ読める一冊です。

収監 僕が変えたかった近未来

プライベート発信中。よろしければTwitterフォローお願いいます!
https://twitter.com/r1200gsJAPAN