BLOG

空き家の片づけは食べ物処分から。ネズミはGBよりたちが悪い

今日の室内温度は30℃、暑かったですね~。神社には蚊がいましたよ、梅雨を通り越して夏が来たみたい。さて、こうなると困るのが虫たち。空き家に大量のネズミの糞があるとのことで、早速片付けてまいりました。

食べ物はすべて処分。食べるものを放置するべからず

何気に知られていないのが、ネズミの不衛生さ。実はGB(ゴキ〇リ)よりたちが悪い。人体に影響のあるウィルスを持ち込む可能性があります。なるべく寄せ付けないようにしましょう。この冷蔵庫。扉が閉まっていたのに、冷蔵庫内にネズミの糞が、ナゼ?

どこにでもいるので駆除するのは難しいですが、家の中になるべく入られないように。一番は食べ物をしまう事。冷蔵庫やカンカンにしまうなど、出しっぱなしを避けましょう。

空き家のかたづけ施工例

■作業前

■作業後

今回のご依頼。今は空き家ですが、自宅に戻る可能性があるので、荷物はなるべくそのまま。絶対使わない物はかたづけ、使えるものはとっておく。思い入れのある調理器具は手を付けず、帰ってきたらすぐにまた暮らせるように、かたづけと掃除をお願いしますとのことでした。

まずは、ゴミの処分。生ごみや賞味期限切れのごみ、冷蔵庫内の食品をすべて破棄。段ボールや紙袋、プラゴミも分別して捨てていきます。

大量の洋服も新品以外は袋詰めして処分。同地区に住む親族の方がいらしていたので、普通ゴミとして処分。横浜市はまだゴミが無料ですので、お金がかけずに処分できました。

どこまでやるのか線 引きを明確にしておく

■作業前

■作業後

片付けやおそうじは終わりがありません。やろうと思えばいくらでもできてしまいます。そのため、ゴール設定を明確にしておかないと、時間ばかりかかって、違うところに手を出し、結局目的を達成できなくなります。

今回は、”すぐに生活できるように”がゴールでしたので、

・不衛生なものの処分
・水周りのそうじ
・床の荷物をなくす

目標にし、1日の限られた時間で目的は達成しました。スタッフとご依頼者さまのゴールを共有し、事前にタイムスケジュールを作成。当日はひたすら作業に徹します。

いつも思いますが、段取り90%。現調と打ち合わせさえしっかりできていれば、作業時は集中するだけです。

タンスの中は気になるものざっくりと処分しただけで、手を付けていません。これをやると終わらなくなるからです。だからといって、2時間ずつ毎週来るみたいな時間のかかることはしません。1回でできる限り終わらせます。

いろんなお客さまがいらっしゃるので、お客さまのご希望とペースに合わせて対応します。スタッフが女性なので、安心してご依頼いただけるようです。

物や虫でお困りの方、まずはお気軽にご相談ください。夏本番が来る前にの今の方が、断然楽ですよ~。お問い合わせは、こちらから。