ゆる記

声が出せない出ない時に119番を呼ぶ方法他すぐに役立つ防災アプリなど

My SOS

アプリをダウンロードして、真ん中のボタンを押すと、すぐに救急要請ができます。

MySOS救命・救急 応急手当ガイド AEDマップ

グーグルプレイは、こちら。
App Storeは、こちら。

スマホには、デフォルト設定にしてほしいくらい、とても優秀なアプリです。すぐに役立つ情報が満載ですので、ぜひチェックしてみてください。

救急車を呼ぶ前に#7119

救急車の適正利用』  

救急車を呼ぶかどうか悩んだときに、電話で相談できるサービスです。年中無休24時間。スマホから#7119または、横浜市でしたら045-232-7119。都心を中心に広がっています。ぜひ、ご活用ください。

◇流れ #7119

1.今、受診できる医療機関を知りたい方は”1”を
2.今、受診した方がよいかなど、救急の相談をしたい方は”2”を
救急車の手配が必要だと判断した場合は、この電話から手配も可能です。

横浜市救急受診ガイド

スマホやパソコンからガイダンスに従って症状をタップしていくことで、対応方法を教えてくれます。検索が軽く、重症とみられるものは、すぐに”119番通報してください”という画面に切り替わります。

そこまで緊急でなくとも、受診が必要な場合、何科を受信すればいいのかを教えてくれます。ただし、私なんかだとまどろっこしく感じるので、#7119にかけて話し中なら、こっちでも調べる、というやり方がいいかな~と感じました。

FMサルースで横浜市の災害情報をキャッチ

FMサルースが視聴できるアプリでは、災害時情報もキャッチできる。「FMサルース of using FM++」 。

他エリアの方も、お住いの地域のラジオ局で、災害発生時に役立つ情報発信をしているサイトがあると思います。ぜひ、チェックしてください。

ロケスマ

『行きたいトコが、スグ見つかる! ロケスマ

キャッチコピーの通り、街のタウンぺージ。 圧倒的な情報量で検索がしやすいアプリです。災害時給水所や避難施設などがすぐにわかるのがすばらしいですね。役所や警察署、図書館などの公共施設や、グルメや電気屋さんなど大型ショップはほぼ網羅しているので、かなり便利です。

全国AEDマップ

日本救急医療財団 全国AEDマップ

AEDが設置してある場所が一目瞭然なサイトです。アプリではないので、リンク先をデスクトップに置いておくと便利です。

いままで:AEDを探してきてくださ~い
これから:AEDを借りてきてくださ~い

ができますね。前出のアプリでもAEDの設置場所検索はできるのですが、病院というふうに限定されていたり情報が最新でない場合があります。こちらが元ですので、ぜひこちらをチェック。

アプリが起動しない時のために。AEDは、駅か個人経営のクリニックに置いてあることが多いとのことです。

NERV防災

特務機関NERV防災アプリ

グーグルプレイは、こちら。
App Storeは、こちら。

地震や災害に役立つアプリです。 Twitterでチェックするより早く正しい情報を。

特務機関NERV防災アプリは、地震・津波・噴火・特別警報の速報や洪水や土砂災害といった防災気象情報を、利用者の現在地や登録地点に基づき最適化して配信するスマートフォン用サービスです。 被害が予想される地域に居住する方や訪問者等が的確に状況を認識し、迅速な判断・行動が取れるよう補助する目的で開発されました。

提供する防災気象情報は、気象業務支援センター(気象庁本庁舎および大阪管区気象台内)と接続した専用線からダイレクトに受け取ることで情報の信頼性を担保し、当社が独自に開発した技術により国内最速レベルの情報配信を実現しています。

人は、不確定なことに不安をいだきます。正しい情報を自分の手で手にしましょう。

いざという時は近くの他人

今、日本では新型コロナウイルスで混乱していますね~。誤った情報で、トイレットペーパーがなくなるという、異常事態に驚きを隠せません。怖いのは、人間のほう。 数字を見る限り、そんなに怖がることがないとわかったので、いつもと変わらない生活を送っています。

正しい情報が何より重要なので、テレビは消しましょう(笑)

2011年3月11日。亘理町にある親戚の家は、ブロック塀に埋め込まれた「矢島」という表札を残して、形がなくなりました。明日は我が身と思い、自分にできることを備えていきたいと思います。

さて、防災訓練では3日間は自力で生活できるようにしましょうと説明していましたが、7~10日くらいは、厳しいと予測できます。そこで、電気やガスが止まっても衣食住が整っていること。キャンパーの方は、このあたり強いですよね~。

具体的に、非常用セットを確認してみましょうか。 参考に、首相官邸のサイトなども。一番重要なのがお水。大人でしたら一人1日3リットル×7日分=21リットルとすると、2リットルのペットボトルが10本以上ということですね~。それにご家族の人数をかけるので、相当な本数になると思います。

そこまでないよ~という方は、今すぐにポチ(ネット通販)がおススメ。でも水に関しては、アマゾンより、近所のスーパーのほうが安いんですよね~。運搬はちょっと大変ですが。

人間の体は水でできているので、食べ物より水のほうが重要なんですよね。あとは、お気に入りのカップラーメンなどあるといいですね。

あとは、排せつの問題。東日本大震災では、トイレが使えるまでに1カ月以上かかったところもあるそうです。(3.11現場の声から学ぶ)。土を掘ってうめることができるほど広い庭付き一戸建てに住んでいる方は少ないと思うので、ペットシーツ・オムツ・パッドなどがあると、かなり便利かと。ビニールに凝固剤を入れて用を足すよりは、パッドのほうが衛生的だと個人的には感じます。普段から、介護の現場で使っているので使いやすいからかもしれませんが。

コスパでいうと、ペットシーツが最強。臭いも防げて吸水性バツグン、家族間なら使いまわしも可能です。600枚で4000円前後というのもあるので、あると安心ですね。

震災について 。普段はなかなか考える時間がないと思いますが、今日だけはせめて、 一緒にじっくり考えてみませんか。