女性ライダー

松下ヨシナリさんとの思い出

おはようございます、マーシャです。

突然ですが、あなたは、松下ヨシナリさんをご存じでしょうか? (初心者の方へ向けて)

松下ヨシナリさんとの思い出

松下ヨシナリさんとは、走って喋れるモータージャーナリストとして活躍された、とにかくカッコいいライダー。

世界で最も危険なロードレースとされるマン島に、2011年からチャレンジ。しかし、残念ながら、2013年5月27日、マン島TT予選中、アクシデントによりかえらぬ人に。

初めてお会いしたのが、このもて耐。
💛カッコいい写真 Part3

戸田隆選手の応援でピットにいたところ、見事優勝! 表彰台に上がるために、松下さんから

「これ、持ってて」

と、サングラスを預かったのでした。もう、ドキドキ。とにかく早くて、面白くて、ジェントルで、本当にカッコよかった。

そのあとは、Naps幸浦店さん企画のイベントに参加。この時の取材を、ガーズルバイカーの編集長が覚えてくださって、フリーランスになってから、お仕事をいただいたのでした。

https://f8r.jp/post-758/2013/04/

おそらく、今日は、日本中で、この「松下ヨシナリ」という言葉を見るでしょう。

私は、数回お見掛けして、ほんの少しお話しただけですが、今でもふと思い出すことがあるくらい、印象に残っています。

「ミラーを見るときは、ジグザグに。左斜め上からジグザグジグザグ、右に移動するの。そうすると全部見えるでしょ。」

松下さんのアドバイス。これも、走っていているとリフレイン。

記事にするのもおこがましいかと思いましたが、でも年に一度くらい、書かせていただきたいと残します。また来年は、マン島を含め学びを深めていけるよう、邁進します。

マン島と言えば、モータージャーナリストの小林ユキさん。

💛小林ゆきBIKE.blog

1996年からマン島に通い続け、ライフスタイルの一部になっておられるそう。

小林ユキさんも、キュートで多才。レディス業界を支えておられると言いますか、もう男女なんて境界線はいらないですね、多方面でご活躍されておられます。

こちらは今取り寄せ中なので、読み終わったら、またご紹介しますね。

💛マン島のメモリアルベンチ

松下ヨシナリさんのメモリアルベンチ。私も参加させていただきました。一生に一度でいいので、生のベンチに座って、レースを観戦してみたいです。

という事で今日は、とってもカッコよかった、松下ヨシナリさんの思いでのお話でした。

バイクに乗っていなくても、いつ消えるかわからない命。今日も感謝して、精一杯生きたいですね! 

今日も、ステキな一日を~♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です