女性ライダー

モトジムカーナレディスデーについてハナ選手に聞きました!

3月10日(水)茨城県常磐自動車道「土浦北」から約20分にあるサーキット場「トミンモーターランド」にて、第2回「モトジムカーナレディスデイ」が開催されました。

昨秋開催された第1回の様子は、こちら↓↓。

さわやかに晴れたこの日、125cc~リッターバイクまで、自分の愛車と一緒に総勢37名の女性が勢揃しました。感染予防対策も、バッチリ♪

沖縄からは、前回同様カワサキショップ「有限会社アウトバン」の城間夫妻が来京され、参加者を笑顔でお出迎えしておりました。

当日私は、仕事の都合で早々に失礼したため、後日、ハナ選手にお会いして、練習会についてお話を伺いました。

ハナ選手直撃取材!
モトジムカーナレディスデイの一問一答

-まずは、昨年の第1回の反響から教えて下さい。

第1回で「とても楽しかった、オートバイが感じられるようになった、公道での走りが変わった」などコメントやメッセージを多数いただきました。

「まだまだ走りたい」「もうヘトヘトだ」とご意見が別れました。『まだ走りたいという人がいる』ここ、とても気になりました。次は全員に満足感を!

-なるほど。聞き逃さないのがハナさんらしいです。ところで第2回は、場所が変更になりましたがなぜでしょうか。

「気になっているけど、私のバイクで大丈夫だろうか? と不安な方。アメリカンでも走りたい! 」というコメントもいただきました。

レオンサーキットより少し広めのトミンモーターランドなら、どんなオートバイでも走れるだろうと場所を変更。

トミンサーキットの社長さんとも以前から女性イベントのことはお話ししていて、とても乗り気! イベントの実現につながりました。


しかし、いつもトミンさんが空いているとも限りませんので、空き状況でレオンサーキットを使わせていただくこともあります。

-確かに広々でしたね! 第2回を開催した手応えはいかがでしょうか。

第1回を経てレベルアップしている方がいるのが成果でした。

これを踏まえて、継続して参加したらさらに上達する!という手応えを参加者の方に感じてもらえたら嬉しいです。
モトジムカーナ選手も参加していますが、

「私もこんなふうに教えてもらいたかった」

とか

「コーチになるにはどうすれば良いの?」

との声もありました。コーチを目指す人が増えてみんながコーチが出来たら、もっとたくさんの女性のスキルアップ! 夢のようです!

-ステキ! コーチを目指すことでジムカーナ競技にいい結果が出そうですね。反対に思うようにいかなかったことはありますか。

もちろんあります。

・タイムスケジュールの配分
・ボディタッチによる乗車姿勢や細かい駆動の説明
・グループ分け (シュミレーションでできていたことがうまくいかなかった)
・教え方が講師で変わっていたこと

エビ! と言ったら瞬間でエビになっているのが理想なのですが、そこまで全員をもっていけなかったのは課題だと感じました。

講師のみんなもすごく真剣にがんばっているので、チーム力を高めていきたいと思います。

-向上心が高くて尊敬します。ただ、ぶっちゃけ、本当に下手くそな人が来たら困るんじゃないですか?(笑)

自分は、ぶっちゃけめっちゃ下手くそだったので、困りません。そんな人こそ大歓迎!

-心強いですね! では、これだけは他のスクールに負けないというポイントを教えて下さい。

一人一人のスキルをしっかり見つめながら、何をしたら良いのかをリアルタイムで伝えてます。レディスデーならではの独特の表現?女性同士だからできる独特のレクチャー。

自分自身も伝えたいという気持ちが入るので新しい表現の引き出しが増えてます(笑)

-ピーが入りそうなハナさん節ですね(笑) では、第3回はどんなイメージでしょうか。

もっとリズミカルに移動したり、レクチャーしたり、コースを工夫したい。

次回は、参加者の方にもモトジムカーナ同様にコースウォーク時間を作ってツアーします。モトジムカーナをもっと身近に感じてもらえるようなプログラムを検討します!

-今後の野望をお聞かせください。

このレディスデーの経験が、サーキットや街中、他の経験に生かされて、その方達がいずれレディスデーのコーチ(インストラクター)になる〜なんて事ができたら最高です。

沖縄のバイクde女子会から関東のモトジムカーナ レディスデーへ。その様子を聞いて、大阪のモトジムカーナ女性選手から実施したいとの声。海外(主にヨーロッパ)からの反響も多くて、ウィルス問題が無くなったら企画して、ヨーロッパ大会遠征と一緒にイベントをしたいです。

-日本や世界に広がっている実感がしてワクワクします。それでは最後に、ハナさんから初心者女子へメッセージをお願いします。

バイクに乗る女性の皆さん。年齢問わず! モトジムカーナでは70歳OVERの選手も現役です。免許があればOK。公道を走るときの余裕を作りにモトジムカーナレディスデーで一緒に練習しませんか?

年齢は関係ないのですね! ハナさん、お忙しいところ、貴重なお時間をありがとうございました。

モトジムカーナレディスデイに行くならここに注意!

今回、私もまごついたり、気がついたりしたことがあったので、シェアします。次回参加される方の参考になるとうれしいです。

①準備編

ゲートオープン時間を確認しよう

サイトで何度も注意喚起していましたが、近くは渋滞エリアなので、余裕をもつといいでしょう。

レジャーシートやイスがあると便利

さっすが~と思ったのがこちら。1日中外なので、荷物がおけるシートやちょっと腰掛けるイスがあると便利ですね。もちろん、サーキットにはコインロッカーなどはなく、貴重品も自己管理です。

受付後はすみやかに車両準備を

ポイントは、2つ。1つ目は、ミラーをはずしたり養生をすること。2つ目は、ゼッケンを前後に貼ること。

そのために、簡単な工具と養生テープがあるとなおGOODです。

ちなみに、ゼッケンは、動画撮影やタイム計測をする上で重要なので、前は見やすい場所、後ろはナンバーに貼るといいようです。

②1日の流れ

受付→車両準備→ブリーフィング→タイムアタック(これでその日のクラス分けをする)→クラスごとで練習→タイムアタック

ざっくりですが、こんな流れです。自分は、何のクラスでどの講師なのかは、しっかり意識しておきましょう。

③コースを覚えよう

モトジムカーナ競技で難しいと感じる一つがコースを覚えることです。モトジムカーナ競技では、当日公開されるなが~いコースをその場で覚えて走らないければなりません。

モトジムカーナレディスデイでは、そんなに長いコースはありませんが、それでも、曲がる、回るなどは覚える必要があります。

他の人が走っているときも積極的に見ておくと、あなたが走るときには余裕ができるかも?

第3回モトジムカーナレディスデイは5月12日(水)トミンモーターランド

メディアの美女3名は、左からフリーライター NANA-KOさん、バイク女子部通信のお二人 香織さんと祐子さん。体験取材でみなさま楽しそうでした。次回こそ! 私も走ります。

モトジムカーナレディスデイでは、センス抜群のハナさんがテンションの上がる商品を販売中。気になる方は、twitterやサイトをフォローしてチェックしてくださいね。

公式サイト:https://sites.google.com/view/umigamechallenge/
Twitter:https://twitter.com/umigameRR?s=20

ということで、次回第3回は、5月12日(水)に決定。場所も今回と同じトミンモーターランドです。

・Uターンができるようになりたい
・ジムカーナに興味がある
・8の字を華麗(かれい)に走りたい
・もっと上手になりたい
・カッコよく走れるようになりたい

というあなた! 今からスケジュールをあけて、広いサーキットで一緒にスキルアップしちゃいましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です