女性ライダー

リターンママライダー応援!ママが一番輝いてこそ

毎朝の5時配信が間に合わず、あわててPCの前に体をくくりつけたマーシャです、こんにちは。

さて今回は、リターンママライダーのための記事です。

輝くリターンママライダー応援!

(写真はイメージです)

『154cmでCB750をカスタムしまくって乗っていた。でも…。 』

ライターの傍ら介護現場に従事する筆者(2足も3足もわらじを履いている)。そこで出会った、一人の女性。なんと、5年前まではバリバリのライダーだったんですって。

私がバイク(HONDA・XR250BAJA)通勤しているという話をきっかけに、彼女の輝かしいライダーライフのお話を伺うことができました。

身長154cm。という割には、もっと背が高く感じるのは、筋肉のある細マッチョのナイスバディのせいかもしれない。つい5年前までは、ホンダショップの男性スタッフやお客さんに混ざって、お山のワインディングロードにセンサーバンクをガリガリしながら走っていたとか。

でも、そこまで走れるようになるまではには、いろんな苦労が。中型だとみんなについていけなくったので、CB400から大型へ。足が付かない車両を試行錯誤して彼女仕様にカスタム。サスにシート、サイドスタンドも足が届かなかったので加工したそう。それでもフルロックするとハンドルには、手が届かないという厳しさ。1200に乗りたかったけれども、さすがにそれにはいろいろと問題があって~、なんていう楽しいバイク談義はあっという間。しかし最後は、”ママになった”という事情でバイクを降りることになったそうです。

レンタルバイクの話をしても、「乗りたいけど、もう、イマサラ乗れない~」と、声が小さくなってしまいました。

なんて、残念なんだろう~。もちろん、ママに限らず子育てを理由にバイクを降りる人はたくさんいます。私は、きままなおひとりさまなので、誰に心配されることも止められることもないのですが(それもさびしいけれど)、家庭があるとそう自分勝手にいかないですよね~。

それでも、バイクの話をしている彼女が、ものすごーーーくキラキラされているんで、こっちまでテンションあがりまくり! それそれ、やっぱり、ママが輝いているのって、ステキ。

大型バイクを所有するのは無理だとしても、レンタルバイクもあるし、それこそ昔の仲間のタンデムとかね。バイクのこと、過去の話で終わらせないでほしいな~と切ない感情がこみ上げてきました。

「やめ主婦」はじめました~大野清美さんに学ぶ

尊敬するアクティングレディースライダー 大野清美さん。

詳しくは、こちらをどうぞ。

https://f8r.jp/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%bc%e6%b8%85%e7%be%8e%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%8c%e3%82%84%e3%82%81%e4%b8%bb%e5%a9%a6%e3%80%8d%e3%81%af%e3%81%98%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%ef%bc%81/2020/02/

お母さんは、お子さんが最優先で自分の事を後回しにしちゃいますよね。でも、お母さんも個人の時間がとても重要。そんな忙しいワーママやワンオペママに、 清美さんの本が参考になるんじゃないかな~と思います。

乳がんから復帰され、闘病中もフルマラソンチャレンジ。還暦すぎて記録更新を狙うというバイタリティ溢れる清美さん。最近、仕事と家事しかしてないな~という元ライダーママさん、ぜひチェックしてくださ~い。

レンタルバイクや250cc以下のバイクという選択

今は、レンタルバイクがとても充実しています。レンタル819さんなどが、有名ですよね。

ペーパードライバヤーや初心者、レディスライダーのサポートも充実しています。

あとは、大型に乗りたい気持ちは残しておいて、250ccという選択肢はいかがですか?私も大型のBMWは、駐輪場で冬眠中。こんなご時世ということもありますが、不要不急の外出のために250ccで軽々と移動しています。

車検はないし、メンテは格安、それでいてバイクの楽しさを存分に感じさせてくれる250cc以下は、かなりおススメです。

レディスライダーの取材で必ず聞く質問の中に「バイクに乗るきっかけ」があるのですが、”お子様の送り迎えのため”に免許を取ったという人がワリと多くて、驚いています。

最近では、BDSグループが医療従事者のために、バイクを無料レンタルというのが話題に。

『原付1種・2種50台以上を予定 BDSグループ/BDS柏の杜友の会 』
https://www.nirin.co.jp/_ct/17359383

確かに、アーバンモビリティという名にふさわしいビッグスクーターをはじめ、都会ではとくに、バイクは最適な移動手段だと感じています。

ただし、大型バイクを運転していた人は、50ccだとちょっと厳しく感じるかも。さらに、50ccで鎖骨を折った姉さんは、普段は大型。 ちょっとした気のゆるみと話していました。

事故やケガの多くは、こういう小さいバイクだと思います。私もリード100ccのバイクに10年乗りましたが、チョコチョコ転倒していました。大きなバイクでは、適度な緊張があるので、転倒や事故ってなかなか起きないんですよね~。

ということで、小さなバイクはどうですか? もちろん、自己責任ですが、バイクとの生活が無理なく続いたらうれしいな~と願っています。

40歳過ぎたら自分を一番大切にして

私は、2020年12月で46歳になりますが、二十歳で子供を産んでればもう立派な大人になっている子供がいるんだな~としみじみ。

どうりで私の周りにも、リターンライダーが多いわけだ。それにしてもそのママ達が、とにかくカッコいい! 子育てを終わらせた人、子供とツーリングを楽しんでいる人、子供がいてもバイクのある生活を送っている人。

いろんな人がいるけれど、みんな共通している人は、

「我が生涯に一片の悔いなし」(ラオー!)

旦那の浮気を横目にじーっと我慢しているというよりは、バスっと離婚して、自立して人生を謳歌しているイメージ。

コロナの今、家族みーんな家にいる中で、あなたの本当に大切なものが見えていませんか? もし、あなたが、バイクに乗りたいのに我慢しているのだったら、あきらめないでほしいな~。そして、あわよくば、リターンしてもらえたらうれしいな~という願いを込めた、メッセージです。

ということで今回は、昔バイクに乗っていて、また復活するよ~という、リターンママライダーを応援しています!という記事でした。

そういう意味では、バイク女子部さんのイベントは面白いですよ! 車でもいいから、フラっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか? あなたと同じようなレデイスママライダーに、会えると思いますよ~♪

今回も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。それでは、今日もキラキラした一日を。また、明日。ゆるバイ♪